サイエンスとプラグマティズムの間で

実験家・プラグマティスト。思考実験や社会実験を繰り返しながら、実用に向けた試行錯誤を実…

サイエンスとプラグマティズムの間で

実験家・プラグマティスト。思考実験や社会実験を繰り返しながら、実用に向けた試行錯誤を実際の体験として積み重ねることが好きです。呟きは主にThreadsで @taishibrian お問合せ⇒https://note.com/taishibrian/message

メンバーシップに加入する

世田谷区三軒茶屋にある、猫が邪魔するワークスペース「SANCHACO」で、読みたいけど読めていない本を持ち寄って黙々と読書に耽りませんか?積読読書会を定期開催しております。

  • ねこまんま会員

    ¥222 / 月
  • 「猫と積読」読書会会員

    ¥2,222 / 月
    初月無料

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

斐伊川に流るるクシナダ姫の涙

プロローグ まるで、大蛇が獲物を呑みこむような光景だった。 堤防からあふれ出した泥水は集落に達して、家々を押し流していく。人々の暮らしが自然の大きな力によって無慈悲に破壊されていく様子を、クシナダ姫は無力感に苛まれながら眺めていた。 あらすじ 第一話:糸魚川の翡翠と鉄の女王 第二話:信濃川を望む墳丘の墓標 第三話:神通川の流れを包む 第四話:手取川を取り巻く河畔の森 第五話:九頭竜川の暴れオロチ 第六話:千代川の砂を生むもの 第七話:日野川の杣人たち 第八

    • 第五話:九頭竜川の暴れオロチ

      タイトル・あらすじはコチラ↓ 『斐伊川に流るるクシナダ姫の涙』 「またオロチ様が出たのですか。」 ミヅハノメは農民たちとともに河岸を見て回っている。川は上流から大量の土砂を運び、それによって自身の流れを変えていく。大蛇のごとき暴れ方をするこの川では河岸の堤はすぐに崩れてしまうため、人々はこの川を「崩れ川」と呼んでいた。 ミヅハノメは過去四人の女性が志半ばで亡くなった記憶を持っている。自分自身もそうなるのではないかと考えており、とくにこのオロチという存在が猛威をふるってい

      • 第四話:手取川を取り巻く河畔の森

        タイトル・あらすじはコチラ↓ 『斐伊川に流るるクシナダ姫の涙』 「このご縁が末永く幸せに続きますように」 ククリ姫は若い二人の新婚夫婦に声をかける。新婦とは幼い頃から恋話を続けてきた仲であり、相談に乗っては話しかけるきっかけ作りに協力していた。いつしかククリ姫の周囲には、恋に恋する乙女たちが集まるようになっていた。 ククリ姫には秘密がある。自身のなかにヌナカワ姫とアキ姫、セオリツ姫の記憶が残っており、それぞれ志半ばで若くして亡くなっていた。ククリ姫として生きる際に決意した

        • 第三話:神通川の流れを包む

          タイトル・あらすじはコチラ↓ 『斐伊川に流るるクシナダ姫の涙』 「次は鵜坂神社でお神楽を舞う準備をしなければなりません。」 セオリツ姫は、巫女として多久比禮志神社と鵜坂神社を忙しそうに行き来している。売比川を挟んで東西に位置する神社において、それぞれ神職を担っている。これまでも数多くの故人たちの口寄せをしてきたが、中でも鮮明に印象に残っているのは越国のヌナカワ姫と科野国のアキ姫だ。大陸から戦略物質としての鉄を手に入れ、それを農具として生かして土地改良を行なうという記憶は、セ

        • 固定された記事

        斐伊川に流るるクシナダ姫の涙

        マガジン

        • 野良猫の地域おこし研究
          60本
        • 野次猫コラム
          85本
        • 猫の本棚
          21本
        • 人と猫の幸せな関係
          14本
        • 動物写真
          11本

        メンバー特典記事

          神保町のシェア型書店[ほんまる]棚主になり見えてきた書店の未来

          神保町のシェア型書店[ほんまる]棚主になり見えてきた書店の未来

          保護猫と一緒にもくもくと積読を読む読書会『猫と積読』をはじめます

          SANCHACOで毎週木曜日夕方から、家などで積読になってしまっている書籍を持ち寄って黙々とひたすら読書する読書会を開催します。とくに本を紹介し合う等の企画は致しませんので、お気軽にご参加ください。 <実施概要> 毎週木曜日 17時頃~21時頃まで(ご自由に入退室ください) 店主セレクトの美味しいお茶付き 費用:2,222円/月(4回分換算)  ↓『猫と積読』メンバーシップよりご加入ください   (初月無料なので、まずはお試しからどうぞ!)

          保護猫と一緒にもくもくと積読を読む読書会『猫と積読』をはじめます

        記事

          第二話:信濃川を望む墳丘の墓標

          タイトル・あらすじはコチラ↓ 『斐伊川に流るるクシナダ姫の涙』 「またあの夢か。」 アキ姫は目を覚ますと、少し前まで見ていた夢を思い出していた。自分自身はヌナカワ姫として、糸魚川流域から越国を統治しているようだった。そのヌナカワ姫が遠征から帰還する際に大水に呑まれ、そこでいつも目が覚めるのだ。 アキ姫の住む川中島は科野国の北部に位置しており、科野川と犀川に挟まれている。辺りは湿地帯で水が停滞しており、臭く汚れた水が溜まっている。蛇行する川は毎年のようにその流路を変え、その

          第二話:信濃川を望む墳丘の墓標

          第一話:糸魚川の翡翠と鉄の女王

          タイトル・あらすじはコチラ↓ 『斐伊川に流るるクシナダ姫の涙』 「もう雪倉岳の雪形が見えると申すか。」 従者からの言葉にヌナカワ姫は玉座から思わず立ち上がってしまう。その胸には巨大な翡翠の首飾りをかけている。再び玉座に腰を下ろすと、翡翠の首飾りは大きく弾んだ。 年々、雪形=山頂付近に雪解け時に現れる紋様 の出現が早まっているように感じる。ヌナカワ姫が子どもの頃は、年が明けてから満月が五度来てようやく雪形が見られたものだった。ヌナカワ姫の治める越国では、この山々の雪形が見え

          第一話:糸魚川の翡翠と鉄の女王

          人がいないなら、動物を活かせば良いんじゃない?『限界集落の経営学』

          地方創生⇒デジタル田園都市構想と、看板が完全にかけ代わってしまった感のある昨今、地方ではバス路線が減少し宿泊施設が軒並みコロナ後の需要増に耐え切れず、飲食店は原材料高騰によって閉店が相次いでいます。もはや人材という最大の希少資源が失われている状況では、地方の存続すら危ぶまれていると言えます。 私自身もかつて限界集落と呼ばれる地域で活動したことがありますが、十数年経ってかなり様相が変わってきていると感じます。つまり、生き残る地域と衰退して消滅に向かう地域の二極化が進み、残酷な

          人がいないなら、動物を活かせば良いんじゃない?『限界集落の経営学』

          阪神タイガースは交流戦をこの先生きのこることができるのか

          いよいよプロ野球はセパ交流戦に突入します。例年、悲喜こもごもな展開が起こる中で、我らが阪神タイガースはいかに戦うのでしょうか。セ・リーグではかろうじて首位を守ったものの、打線は低調でリリーフ陣を中心に疲れが見え始めている、何ともテンションが上がりづらい状況です。 一方で昨年の日本一チームということもあり、パ・リーグ各球団も警戒してエース級をぶつけてくるのではないかとも予想できます。いったいどのようなマッチアップになるのかを予測しつつ、阪神タイガースがどれくらいの勝ち星を獲れ

          阪神タイガースは交流戦をこの先生きのこることができるのか

          最強のクマ対策=秋田犬の歴史

          秋田県鹿角市で山菜採りに山に入った男性がクマに襲われて死亡し、その遺体を回収しようとした警察官が二次被害に遭いました。事態を重くみた県と市町村は緊急会議を開き、対策を協議しています。秋田県では連日各地でクマの出没情報が発生しており、例年に比べてもその頻度は高まっています。 マタギとともに暮らしてきた秋田犬秋田県といえば、秋田犬が有名です。国の天然記念物に指定され、世界でも注目されるその愛くるしい姿は、実はマタギとともに猟犬として厳しく育てられてきた歴史が創り出しています。厳

          最強のクマ対策=秋田犬の歴史

          [書評]女の国会

          多作の新川帆立さんの中でも、代表作になるのではないかという一冊。ミステリーでありつつも、ジェンダーや政治参画、格差社会といった様々なテーマが内包されています。 物語は主に4人の女性の視点から進められていく。野党国会議員の高月、その新米秘書の沢村、新聞記者の和田山、地方議員の間橋という、立場も住む場所も違う女性たちが緩やかに連帯していきます。そのきっかけとなるのは、「お嬢」と呼ばれる与党マドンナ議員の不可解な死から始まります。 国会議員、政策秘書、新聞記者、地方議員、、と、

          神保町のシェア型書店[ほんまる]棚主になり見えてきた書店の未来

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          ¥222〜

          神保町のシェア型書店[ほんまる]棚主になり見えてきた書店の未来

          ¥222〜

          保護猫と一緒にもくもくと積読を読む読書会『猫と積読』をはじめます

          SANCHACOで毎週木曜日夕方から、家などで積読になってしまっている書籍を持ち寄って黙々とひたすら読書する読書会を開催します。とくに本を紹介し合う等の企画は致しませんので、お気軽にご参加ください。 <実施概要> 毎週木曜日 17時頃~21時頃まで(ご自由に入退室ください) 店主セレクトの美味しいお茶付き 費用:2,222円/月(4回分換算)  ↓『猫と積読』メンバーシップよりご加入ください   (初月無料なので、まずはお試しからどうぞ!)

          保護猫と一緒にもくもくと積読を読む読書会『猫と積読』をはじめます

          ダムの湖底に消えた奧三面集落

          ドキュメンタリー映画『越後奧三面 山に生かされた日々』を観ました。舞台となった奧三面集落は新潟県北部、村上市から三面川を遡った朝日連峰の山中にありました。2001年に奥三面ダムが完成し、集落はダムの湖底に沈みました。 縄文の暮らしを色濃く残すマタギの里奥三面集落は小池、高橋、伊藤という3つの名字で構成される42戸150人の小さな村でした。ルーツは縄文時代とされ、実際に奥三面集落周辺には縄文から古墳時代にかけての数多くの遺跡が残されています。冬には2-5mもの積雪がある豪雪地

          ダムの湖底に消えた奧三面集落

          鈴木亮平がNetflixに出る意味

          実写版『シティーハンター』が4/25よりNetflixで公開され、ドンピシャ世代として早速観てみました。いろいろなレビューを拝見しても概ね好評のようで、アニメ版に対する再現度の高さなどが話題となっています。 地上波放送のエースだった鈴木亮平主演の鈴木亮平さんは、NHK大河ドラマ『西郷どん』をはじめ、『 TOKYO MER』や『下克上球児』でも主演を務めるなど、いま最も売れている男性俳優の1人です。ストイックな役作りで知られており、映画『HK/変態仮面』では細マッチョで映画『

          板橋チャーハンのすすめ

          板橋チャーハンについて以前書いたときから、その熱狂ぶりは加速しているように感じます。休日ともなると、丸鶴や丸福といった有名店には行列ができています。常連客とは平日と棲み分けができているみたいですが、店主の高齢化も相まって不定期営業の店も出てきています。 家賃を払わないで半チャーハンを出すそもそもなぜ板橋区がチャーハンで有名なのか、それは町中華の隆盛と相関があります。板橋区には工場が多く、肉体労働者の集まる地域としてカロリー摂取できる町中華が数多く立地しました。東京23区のな

          日本三大桜・三春滝桜

          乗り物に乗っている時が最も読書が捗る性癖のため、青春18きっぷで桜前線を追いかけながら北上しました。桜の方はそんな人間の事情には付き合ってくれず、全国一斉に咲き始めた模様です。 10年ほど前に、福島県被災地の復興支援の仕事をしていました。その際にいつも通るのが三春町で、滝桜という樹齢千年とも言われる日本三大桜の古樹があることを知りました。なかなか花が咲くタイミングには来れず、またコロナ禍もあって訪問する機会がありませんでした。そんな経緯もあって、改めて桜の季節に三春に行くこ