猫の地域経済研究所(ネコノミーラボ)

1977年シアトル生まれ。地域イノベーション企業家。林業合コン、棚田deセグウェイ等の過疎地ビジネスを経て、行政トップの右腕、大学教員と産官学を経験。犬猫が地域に生き残る寛容な社会を目指すネコウヨです。

ねこまんま会員

保護猫たちの餌代を毎月支援してもらうプランです!ありがとうございます。

  • 保護猫の命名権(譲渡されるまでの間の猫の名を決めてもらいます)
固定された記事

猫を助ける賃貸「SANCHACO」、三軒茶屋に2020年6月オープン

何度かお伝えしてきましたが、猫を助ける賃貸住宅をコンセプトにした「SANCHACO」の説明会を実施いたしました。資料を公開しますので、ご興味ある方は是非ご覧ください。ま…

在宅時間の長い今こそやるべきこと

緊急事態宣言に伴って、在宅勤務など長く家に居ることが多くなっています。今だからこそ、住まいのことを考え直すとともにいろいろできていなかった契約周りやインフラ改善…

緊急事態宣言と移住施策

8日にも史上初の緊急事態宣言が発出される見込みとなり、それに伴って108兆円もの経済対策が行なわれることになりそうです。緊急事態宣言は東京都を中心に首都圏、大阪府、…

志村けんの遺したもの

志村けんさんが亡くなりました。1970年代生まれの自分にとっては、幼い頃はひょうきん族よりもカトケンで、だいじょうぶだぁや変なおじさんのネタも良く真似したものです。…

都市集中シナリオの破綻

急激に様々なことが制限される世の中になってきました。「不要不急なことは控えよ」「大規模イベントや外出は最低限に」といった要請が政府や自治体から出され、しかしその…

5Gと網膜走査がリモートワークを変える

在宅勤務と一斉休校がクローズアップされる昨今、様々なオンラインツールを使って仕事や教育を進めるノウハウが急速に蓄積されてきています。会議はZOOMやSkypeを使ったオ…