ネコがウヨウヨする国づくり

13
固定された記事
猫を助ける賃貸住宅SANCHACO完成!

猫を助ける賃貸住宅SANCHACO完成!

ついにこの日がやってきました。構想から3年、保護猫の譲渡を前提とした賃貸住宅「SANCHACO」が完成しました!濃紺の建物は台湾の九份をイメージしており、1F部分の灯りには丸い提灯を使っています。2-3Fの賃貸部分には、木目を活かした庇に丸い穴を空けて、住人が帰宅すると丸く灯るようにしています。 三軒茶屋の昔ながらの路地を再現住戸脇の路地空間は、三軒茶屋の古い写真などを参考に猫が居そうな空間を再現しました。植栽デザインの専門家に入ってもらい、日本の在来植物や紅葉するような樹

スキ
19
保護猫を譲渡してもらえない人へ

保護猫を譲渡してもらえない人へ

SANCHACOの取組みを10/4付産経新聞朝刊・首都圏版に掲載していただきました。保護猫の譲渡を地域コミュニティに結びつけるコンセプトについて、考えの根底にある価値観まで掘り下げて取材してもらっています。 保護猫を飼いたいけど飼えない人々先日、こんな投稿が目に留まりました。保護猫の譲渡を受けたいけれど、初心者で既存の譲渡団体からはなかなか譲ってもらえないという話です。保護猫カフェや譲渡会などのイベントでも、子猫が譲渡の中心となっているために相手にされず、結局ペットショップ

スキ
7
猫と働く、猫で繋がる作業場

猫と働く、猫で繋がる作業場

SANCHACO1階のワーキングスペース「neco-makers」をご紹介します。現在は保護猫3匹が常駐し、新しい飼い主さんとの出会いを待っています。 コワーキングではなく、ものづくり拠点在宅での仕事が増えている昨今、自宅とは別に仕事場を持ちたいというニーズは高まっています。もちろん、WiFiや電源は完備しているためPCでのデスクワークも可能なのですが、猫たちが居るので生産性が上がることは期待しない方が良いでしょう。。それよりも、猫たちの存在によって新しい出会いがあったり、

スキ
17
我が家の“つぶあん”と“こしあん”

我が家の“つぶあん”と“こしあん”

我が家にはキジトラと黒猫がいます。ともに保護猫です。謂わば、つぶあんとこしあんがいるということで、あんみつにゃんこクッションを衝動買いしてしまいました。 つぶあん(キジトラ)とこしあん(黒猫)は仲が良く、いつもくっ付いています。どちらかと言えば末っ子気質のこしあん(黒猫)がつぶあん(キジトラ)を一方的に慕っているという感じなのですが。 猫好きさんのネットワークを創りたい我が家には犬と猫がいて、犬は朝晩散歩に連れて行っているので、近所に犬友みたいな飼い主ネットワークがあるの

スキ
7
居職住近接型の賃貸住宅を建てる

居職住近接型の賃貸住宅を建てる

SANCHACOの竣工が近づいてきました。緊急事態宣言の解除が目前に迫り、少数の現地見学会や説明会は実施していく計画です。現在はすでに外構は組み上がっており、内装の最終仕上げ段階に入っています。 職住近接のニーズが急激に高まる社会情勢が急速に変化し、働き方についてもリモートワークやオンラインでのミーティングや営業といったやり方も始まっています。「STAY HOME」という掛け声の下、自宅で仕事をするライフスタイルも一般化しつつあります。恐らく緊急事態宣言が解除されても、在宅

スキ
4
猫を助ける賃貸「SANCHACO」、三軒茶屋に2020年6月オープン

猫を助ける賃貸「SANCHACO」、三軒茶屋に2020年6月オープン

何度かお伝えしてきましたが、猫を助ける賃貸住宅をコンセプトにした「SANCHACO」の説明会を実施いたしました。資料を公開しますので、ご興味ある方は是非ご覧ください。また、noteのサークル機能を使って「ねこまんま会員」を募集しておりますので、コチラもよろしければ是非! 表紙には我が家のソラとアオ(ともに保護猫) SANCHACOのコンセプトSANCHACOは、保護猫の譲渡を受けることが条件となった賃貸住宅と、保護猫が常駐する共用スペース、そしてカフェやスナックが開けるレ

スキ
23
その正義は誰のために

その正義は誰のために

2020年、あけましておめでとうございます。後厄も明けて出会いと別れもあり、2018年からターンアラウンドした厄≒役割も大きく変化したと実感しています。大学教員としての任期も終了するため、新たなスタートを切る年となりそうです。 世田谷区太子堂に「猫と暮らす賃貸」をオープン2018年に宣言した通り、実家の不動産の相続対策としてキッチリと地域に向き合うモデルを創りました。入居時には保護猫の譲渡と飼育を条件とし、それとともに日中や旅行時には猫を預かれるような、単身世帯でも飼育でき

スキ
12
アニマル・ウェルフェアと安楽死

アニマル・ウェルフェアと安楽死

滝川クリステルさんが代表を務める一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル主催の「フォスターアカデミースペシャル2019」に参加しました。テーマは犬と猫のアニマル・ウェルフェアということで、「殺処分ゼロ」というスローガンに伴う課題について議論されました。 アニマル・ウェルフェアとは何かアニマル・ウェルフェア(animal welfare)という言葉は聞きなれないかもしれません。日本語に直訳すると動物福祉、感受性を持つ動物や家畜に対して、ストレスが少なく行動欲求が満たされた状

スキ
6
猫の手を借りたら囚人が救われた話

猫の手を借りたら囚人が救われた話

アメリカの刑務所で、保護猫の人馴れプログラムを囚人たちに実践させたら、囚人たちの方が前向きになって社会復帰し始めたという話。 1980年代からアメリカの刑務所には動物たちがいた犬や猫の存在が人間の心を癒すとともに、一緒に生活することで責任感も芽生えるという動物介在プログラムは、実はアメリカにおいては1980年代から実施されています。Prison Pet Partnershipでは、受刑者が犬を躾けて家庭犬や介助犬として送り出すプログラムが30年以上も続けられています。 2

スキ
10