見出し画像

ビジネスの未来、資本主義の未来を語る

万博協会との共同オンラインイベントについて、リリースを出しました。『ビジネスの未来』等の著作で引っ張りだこな山口周さん、シェアリングエコノミーの伝道師石山アンジュさん、アフリカや中国のアングラ経済にくわしい小川さやかさんと、現代資本主義に対するオルタナティブを提唱するメンバーが揃いました。

そう、この拡大成長・経済発展の象徴たる万国博覧会というイベントに対して、分散型で開催しろとか箱つくってもしょうがないとか、ややこしいことを言っているのが現在の立場となります。実はみんな、このような国際的イベントが大艦巨砲主義を引き摺った形で実施するのはダメだと気づいているはずです。

1週間後の火曜日、オンライン・無料にて開催予定です。詳細・お申込みはコチラまで。

【イベント概要】
日時:2021年3月23日(火) 17:00-19:30
会場:オンライン(YouTubeより配信)
料金:無料 *要申込
内容:トークセッション、大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」プログラムの紹介、Sustainable Innovation Lab プロジェクト構想発表
登壇者:山口 周 氏(独立研究者、著作家、パブリックスピーカー)、石山 アンジュ 氏(Public Meets Innovation代表シェアリングエコノミー協会事務局長 )、小川 さやか 氏(文化人類学者、立命館大学教授)、森 清(2025年日本国際博覧会協会 理事・副事務総長)、白井 智子(新公益連盟 代表理事、SIL共同代表)、林 篤志(Next Commons Lab ファウンダー)
主催:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会、一般社団法人Next Commons Lab、立命館大学

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
猫の地域経済研究所(ネコノミーラボ)

サポートいただきありがとうございます。 猫を助けるサークルSanchaCoの運営も開始しました。 よかったら参加してみてください! https://neco.cafe/circle

にゃいす!
1
1977年シアトル生まれ。地域イノベーション企業家。林業合コン、棚田deセグウェイ等の過疎地ビジネスを経て、行政トップの右腕、大学教員と産官学を経験。犬猫が地域に生き残る寛容な社会を目指すネコウヨです。