見出し画像

虹の橋で待っていて

愛猫チャイが天国へと旅立ちました。御年19歳、20世紀生まれの大往生でした。1週間ほど前から猫風邪に罹り、食欲もなくなって急速に弱っていきました。最期は苦しまずに、眠るように息を引き取りました。

画像1

自分を全肯定してくれる存在

動物を救う仕事がしたいと獣医を志して挫折したり、環境のことに興味があると言って就職が上手くいかなかったり、若い頃の自分は中途半端にフラフラしているだけで何者にもなれずにいました。それでも家に帰れば、すぐに駆け寄ってきて全身で甘えてくれる存在がいたからこそ、自分の幸せはここにあるのだと実感することができました。

画像2

チャイは溺愛と言ってよいほど、可愛がってきました。19年間一度も怒ったり叩いたりすることもなく、ひたすら甘やかしました。そうすると非常に穏やかでおおらかな性格になって、一度も引っかいたり噛んだりするようなこともありませんでした。後から家族になった若い猫たちもみんなチャイに懐き、いつもくっついて一緒に寝ていました。悲しくはあるけれども、育て方、愛し方には一切の後悔のない、完璧に幸せな猫でした。

画像3

すべての動物たちに幸せになってもらうために

時が巡って、ようやく動物を救う仕事や環境にまつわるプロジェクトができる立場になりました。動物たちに愛情を注げばそれだけ幸せを返してくれる、そんな自分自身のアイデンティティを形成してきたチャイとの暮らしがあるからこそ、人間の幸せのモデルに対する確信を持って事業を進めていけます。ようやく自分の道を進めるようになったと、見届けることができて安心してくれたのでしょうか。

チャイのような幸せな動物たちをどれだけ増やしていけるか、それは自分のライフワークです。動物たちと心が通い合う社会をつくっていくことで、人間たちも幸せに暮らしていける世の中にしてきましょう。それがチャイとの約束です。19年間、ありがとう。

画像4

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただきありがとうございます。 保護猫サークルSanchaCoの運営も開始しました。 よかったら参加してみてください! https://neco.cafe/circle

にゃんだ?
12
1977年シアトル生まれ。地域イノベーション企業家。林業合コン、棚田deセグウェイ等の過疎地ビジネスを経て、行政トップの右腕、大学教員と産官学を経験。犬猫が地域に生き残る寛容な社会を目指すネコウヨです。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。