電話をかけるとき、どうして「もしもし」と言うのか。
昔の電話機は手回しで磁石発電しながら使うものが多く、その回す音が大きかったので通話の際には「申し上げます、申し上げます」と2回言いながら話すことが多かったのだとか。それが縮まって「もしもし」になったという。
画像1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただきありがとうございます。この資金は猫が幸せになるために活用していきます。保護猫の譲渡活動、TNR、エサ代等に使っていきたいと考えています。

Have a にゃース day !!
7

猫の地域経済研究所(ネコノミーラボ)

山梨県、岡山県、徳島県、福島県、北海道、三重県と日本各地でプロジェクトの0→1を立ち上げるお仕事を経験。猫がウヨウヨしている地域社会を志向するネコウヨです。猫が暮らしやすい地域は人間も暮らしやすい。気持ちが温かくて、いろんなことに寛容で、雑多な雰囲気の内容を目指しています。

コメント1件

うわぁー!すごい今スグ、電話で『申し上げます!』といいたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録