根回し

日本型根回しの重要性

「根回し」は日本型組織にありがちな特徴の1つです。関係しそうな相手に説明して回る、会議の前に根回しして賛同を取り付けておく、、そういった地道な積み重ねが信頼を生み、この人に任せようという状況が生まれるのも事実です。

根回しには時間がかかる

根回しするためには、関係者にアポを取って資料を用意してと手間がかかります。根回しだけで数ヶ月かかることもあるでしょう。トップダウン型で物事が進むベンチャーや外資に比べると、役員会や総会などの会議体を通す必要のある日本型組織はどうしても硬直的で変化に乏しい感覚は否めません。

一方で、根回しせずにいきなり会議体に議案をぶつけるようなことをすると、紛糾して収拾がつかなくなるケースもあります。会議体には時給の高い人々が集まっているわけですから、ここで時間を空費することは大きな損失を生み出すことになります。

日本の大半は日本型組織

いくらベンチャーや外資のスピード感が良いと言っても、取引先や許認可を取る行政組織、理解を得るための地元団体などは日本型組織です。何かを提案するためには時間がかかり、根回しをしなければむしろ徒労が増えることに繋がります。

本当に良い提案であれば急がば回れ、根回しをして味方を増やしてから賛同を得るプロセスをもっと重要視した方が良いのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただきありがとうございます。この資金は猫が幸せになるために活用していきます。保護猫の譲渡活動、TNR、エサ代等に使っていきたいと考えています。

にゃんだ?
7

猫の地域おこし研究所

山梨県、岡山県、徳島県、福島県、北海道、三重県と日本各地でプロジェクトの0→1を立ち上げるお仕事を経験。猫がウヨウヨしている地域社会を志向するネコウヨです。猫が暮らしやすい地域は人間も暮らしやすい。気持ちが温かくて、いろんなことに寛容で、雑多な雰囲気の内容を目指しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。