見出し画像

価値観多様性の国・日本

クラウドガバメントラボが主催する「革命のレシピ」30回を迎え、変革を志向するアクティブラーニングコミュニティとして再起動します!その記念すべき再生の機会を、9月18日(水)18時より、Social Innovation Weekの中で体験型イベントとして実施いたします。

多極分散型社会だった日本列島

日本列島は海や山、里の多様な環境に基づいた文化や歴史、伝統が各地域に存在し、そのため幕藩体制のような多極分散型社会によって統治されてきた世界でも稀な国です。しかし富国強兵と戦後の高度成長のために中央集権化した国家となり、大量生産大量消費の画一的な価値観によって国家システムがつくられ、現在はその延長線上にあります。

企業はちょっとしたサービスや商品の改良を大々的にテレビCMなどで宣伝し、業界内でのシェア拡大を目指してそこで働く従業員たちは残業も厭わずに滅私奉公するのが当たり前でした。そんな昭和のモーレツサラリーマンの頑張りによって日本は物質的な豊かさを手にしましたが、彼らが目指した心の豊かさに到達しているとは言えない現状です。

私たちが潜在的に持っている宝物

多極分散型社会を運営する上で、我々の先祖は自然環境から持続的に資源を得る技術であったり、過酷な自然災害から身を守る自助共助の仕組みであったり、お互いの信頼に基づいた通貨流通システムであったり、様々な知恵を開発してきました。しかし、それらをおざなりにして国家にすべて委任すれば良いのだ、という画一的価値観を公教育によって当たり前のものと享受してきた事実もあります。

一般市民が中国政府の強権に反旗を翻した香港、国家運営の過ちが市民生活の経済に深刻な影響を与えそうな韓国、近隣諸国をみれば画一的な価値観に支配されることに対する懸念やアレルギーが強まっていると感じます。むしろ日本が「価値観多様性」を守ることによって、SDGsが標準になる国際社会に求められる役割が明確になっていくことでしょう。

「革命のレシピ」では、このような各自が意思決定しそれぞれの価値観を尊重する多極分散型社会の実現を目指す同志たちが集まり、ローカルや社会課題の現場において切磋琢磨しながら理想を実現していくコミュニティの結成を目指していきます。是非、あなたの志を聞かせてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただきありがとうございます。この資金は猫が幸せになるために活用していきます。保護猫の譲渡活動、TNR、エサ代等に使っていきたいと考えています。

にゃん
5

猫の地域経済研究所(ネコノミーラボ)

山梨県、岡山県、徳島県、福島県、北海道、三重県と日本各地でプロジェクトの0→1を立ち上げるお仕事を経験。猫がウヨウヨしている地域社会を志向するネコウヨです。猫が暮らしやすい地域は人間も暮らしやすい。気持ちが温かくて、いろんなことに寛容で、雑多な雰囲気の内容を目指しています。

ネコがウヨウヨする国づくり

ネコが幸せな国は人間も幸せな国である、というネコ粋主義者による提言。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。