野次猫コラム

59
グレタはわたしだ。

グレタはわたしだ。

映画『天気の子』は、この出来事を予言していたのでしょうか?16歳の少女を人身御供として差し出せば、気候変動が解決すると大人たちは思ってはいけない。 国連気候行動サミットで演説した少女 グレタ・トゥーンベリーさんの訴えはたしかにひどく感情的で、自分を絶対的正義の側に置いた反発を招きかねない物言いです。環境原理主義者という謗りを受けるような内容であり、思春期に特有のピュアであるが故に大人たちを愚かに感じてしまう感覚でしょう。 それとともに、日本の子どもたちにこれほどの熱量を

15