野次猫コラム

61
西表島に隠された哀しい歴史

西表島に隠された哀しい歴史

西表島に行きました。エコツーリズムの聖地として、ピーク時には年間約30万人の観光客が訪れていましたが、近年では20万人程度に落ち着いています。イリオモテヤマネコに象徴される貴重な生態系や、あまり人の手が加えられていない砂浜など、まさに自然環境が育んだ奇跡的な風景を堪能しました。 西表島に大自然が残る哀しい理由沖縄本島に次ぐ面積にも関わらず、1963年にマラリアが根絶されるまで、この島に定住することは難しかったようです。実際に琉球王朝時代や、旧日本軍の施策で何度か他の島からの

スキ
9