野次猫コラム

60
ブルーインパルスと『空飛ぶ広報室』

ブルーインパルスと『空飛ぶ広報室』

昨日、東京の空をブルーインパルスが飛びました。医療従事者への感謝と、長い自粛生活を乗り切った一般住民たちに青空を眺める喜びを思い出させてくれる機会となりました。 航空自衛隊を扱った『空飛ぶ広報室』 航空自衛隊の内部を描いた作品として有名なのは、有川浩さんの『空飛ぶ広報室』です。ブルーインパルスに乗ることを目標にしてきたパイロットが挫折し、広報室に配属されるところから物語がスタートします。自衛隊内部の様々な事情が垣間見えて、また陸海空それぞれの性格も表現されているので面白く

スキ
5
家庭内自給率を上げていく

家庭内自給率を上げていく

雨水タンクを設置しました。さっそく雨が降ると、たった1日で200Lが満タンになって驚きました。それとともに、これまで貴重な水資源をどれだけそのまま下水道に流していたのかと思いました。 雨水タンクを設置するメリット・注意点 雨水タンクについては各自治体が補助金を出している通り、集中豪雨時に下水道や河川が溢れないように各家で溜められるようにするものです。それとともに、打ち水や庭木・家庭菜園への水やりといった用途に使えます。また、災害時には非常用水としてトイレや煮沸消毒して飲料

スキ
9
不織布マスクでマイクロプラスチックが増える

不織布マスクでマイクロプラスチックが増える

いまや標準装備となった不織布マスク、その原材料は何か知っていますか?主にポリプロピレンやポリエチレンといった石油原料の化学繊維が使われており、それらはマイクロプラスチックとして海洋流出が問題となっている素材です。 マイクロプラスチック問題とは マイクロプラスチックとは5mm以下の小さな破片状になったプラスチックのことで、それらが自然環境に流出し、動植物に影響を与えているとして近年注目を集めています。多くの外食系企業がプラスチック製ストローの使用を取りやめたり、スーパー等で

スキ
22
引き算のデザイン

引き算のデザイン

デザインに関しては門外漢なのですが、ローソンPBのデザイン変更を知って、思い浮かべたのはサントリー伊右衛門のペットボトルで、表面のビニールラベルを無くしたデザインのものです。 在宅率が上がることで起こる変化 このローソンPBのクリエイティブを手掛けたのはnendoというデザイナー会社だそうで、仕事の速さで定評があるそうです。このデザインももしかしたら、この世の中の変化を迅速に感じ取って反映されたものかもしれません。 Stay Homeが合言葉となり在宅勤務が広がる中で、

スキ
8